キックベースやその他の出来事の日記です。
プロフィール

南市岡 前川

Author:南市岡 前川
マエブロへようこそ!
くだらない日記です。
我慢して読んで下さい。
私を表現する言葉
「風林火山」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

瞬間視力でドン

Flashリバーシ
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
フリーエリア
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メール、LINEに
マクドナルドから謝罪メッセージが・・・
今朝一斉配信したような感じで
異物混入の謝罪と
このような状況にもかかわらず
御来店いただいている感謝の意を・・・

私にとって
マクドナルドは良い思い出がたくさんあります。

**********************
小学生の頃、
マクドナルドが野田阪神駅しかなく、
内緒で友人らとバスで・・・
一人の友人、
お金がないけどついて行くと・・・
バス代もないのにどうやって・・・
その友人、
当時両替機がないことを利用し、
終点の野田阪神バス停で
千円札しかないと運転手に言い、
運転手
「仕方ないなぁ、帰りのバスで一緒に払っといてな」

私たちのポテトをおすそ分け。

さて、帰りはどうするのか・・・
南市岡は途中のバス停だし・・・

先に行っといてと・・・

どうやって帰るつもりなんやろう・・・

バスに乗っていると
バスの後方より
死に物狂いで自転車を漕ぐ友人が・・・

無事全員地元に帰ってきたわけで・・・
**********************

当時小学生だった私の従兄弟が
島根にマクドナルドが無いのはどうして?
というお手紙をマクドナルド本社に送ったところ
謝罪のお手紙と、グッズがそえられて送ってこられたそうな・・・

私の中学卒業時、
クラスのお別れパーティーを
当時出来て間もない
九条のマクドナルドで開催し
(中学生の分際でコークハイを・・・)

娘たち、
ハッピーセットのおもちゃが欲しいがために
「マクドいこう」
が口癖やったなぁ・・・

私は思います。

今こそ
「スマイル 0円」

笑う門には福が来ます。

全社員、アルバイトの方々が
踏ん張って
誰からも愛される
マクドナルドを取り戻してほしいと思います。
スポンサーサイト
大阪の夜の町を
何の理由も意味もなく
ただブラブラ歩くだけ・・・
でも、何か新発見があるのでは・・・
と微かな希望を持ちながら
今夜もオッサンが旅に出る・・・


今年もマイペースで
ぶらぶら散歩をしていきますので・・・

2015年最初はどこへ・・・
仕事で工事現場へ行ってたので
作業着スタイル・・・
こんなスタイルで
グランフロントなんか行ったら
若いOLたちに痛い視線を浴びるわけで・・・

よって歩いても全く違和感のない
あそこへ・・・

大阪のDEEPスポットNO.1と称えられる
飛田本通商店街・・・

今日は軽いジャブにしておきます・・・

動物園前一番街
山王市場通商店街、新開筋商店街、
飛田本通新栄会
飛田本通商店街

と、商店が集まるショッピング街。
若い女性が歩くと
ワゴン車に乗せられ拉致される・・・

そんな噂もあるので
さすがに歩いているのは
独り言をぶつぶつ言っている
酔っ払いのオッサンがメイン・・・

まずは動物園前一番街・・・

入口にWELCOMEの文字が書かれた提灯が・・・
P150116 (32)
あ、別方向に向いているので
歓迎しません、てことか・・・

入ってすぐ、
人気球団の旗が靡いています。
P150116 (33)

おや?
「くすり」と・・・

脱法ハーブでも売っていないのか
心配ではあるのですが(笑)

居酒屋さん。
P150116 (34)
まだクリスマスの残骸が・・・

「不景気を斬る」
P150116 (30)

斬られていますけど・・・

「金本舗」?
P150116 (31)

文字が盗まれたのか・・・

シャッターアート。
P150116 (29)
P150116 (17)
P150116 (13)

おや、ち○まるこちゃんが・・・
P150116 (28)
さくらさん、OKでしょうか・・・

またシャッターアートが・・・
P150116 (35)
ドラ○もんが拉致監禁され
ダ○ボとグー○ィーが監視・・・

あかんでホンマに(笑)

おや?
見憶えのある名前の店が2軒並んで・・・
P150116 (18)

なんという偶然(笑)

銀貨食堂・・・
P150116 (16)

ネーミングの由来、
今度聞きに行こう・・・

P150116 (19)

一見、アルプスのように見えますが、
おそらく三途の川の向こう側なんでしょう・・・

P150116 (15)

靴、片方だけも販売していますのでよろしく・・・

お店にハロウィンの文字が・・・
P150116 (20)
P150116 (21)

なるほど・・・
この商店街はUSJに対抗した
テーマパーク・・・

ちび○る子ちゃんや
ド○えもん(監禁されていますが)
などのキャラがお出迎え
(許可をとっているかどうかは別として)

街にはゾンビがフラフラ歩き
(ただの酔っ払いかもですが)

年中ハロウィン(ヘロインではありませんので)
クリスマスが!!!
P150116 (36)
P150116 (37)
P150116 (38)
P150116 (23)
P150116 (24)
P150116 (25)
P150116 (26)
P150116 (27)

さて・・・

飛田本通商店街へ・・・

ここの商店街のお店、
昭和を感じますね・・・
P150116 (39)
P150116 (40)

「ロボ」「ポパイ」

P150116 (41)
アーケードの天井が気になって
仕方ないのですが・・・

商店街を外れると
飛田新地が・・・
P150116 (43)

九条商店街と似たような光景。
P150116 (42)
P150116 (3)

商店街を出ますと
時計台が・・・
P150116 (1)

ここのご近所にお住まいの
お知り合いの方にお聞きしたのですが
時間が合っていない時計とのこと・・・
P150116 (2)

下方に広がる旅館、
時間まだまだいけまっせ・・・
の意図でも・・・(笑)
P150116 (4)

天王寺のキューズモールに繋がる
「あべのマルシェ」
を通り抜け・・・
P150116 (6)
P150116 (7)

ハルカスが見えてきました。

アポロビルの周辺も
近代化しましたね・・・
P150116 (8)
P150116 (9)
P150116 (10)
P150116 (11)

まだイルミネーションが輝いて・・・
P150116 (5)

ビリケンさんも輝いて・・・

今日はここまで。
P150116 (12)


次はどこへ・・・

散歩ってなんだー
ただ歩くーだーけー
大阪の端ーまーでー
歩いてくー


(ドカベン ああ青春よいつまでも より)
クリスマスイブ・・・

今夜は家族で過ごす人
恋人と過ごす人
職場で過ごす人・・・

あまり気分がのらない人も
街を歩けば少しは楽しくなるかも・・・

今夜は我が家はクリスマスホームパーティー

BGMは何を・・・

クリスマスソング、といえば
有名な歌がありますね。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

真っ赤なお鼻の
トナカイさんは
いつもみんなの笑いもの

でもその年の
クリスマスの日
サンタのおじさんは
言いました

暗い夜道は
ピカピカの
おまえの鼻が役に立つのさ

いつも泣いていた
トナカイさんは
今宵こそはとよろこびました

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

有名な「赤鼻のトナカイ」
誕生秘話も有名かとは
思いますが
まぁ、適当に聞いて下さい・・・

1949年に発表されたクリスマスソングの定番
「赤鼻のトナカイ」は、ジョニー・マークス
によって書き下ろされた楽曲で、
義理の兄ロバート・メイが愛娘に語り聞かせた
お話からきているそうです。

不治の病に侵された寝たきりの妻と
幼い娘を抱えて
貧しい生活を送っていたロバート一家。
クリスマスが近づいたある日、
娘はロバートに尋ねるのです。

「どうしてわたしのママはみんなのママと違うの?」

その質問を受けた父ロバートは、
人と違うことはすてきなことであるということを
娘に伝えるために、
赤い鼻を持つトナカイ
「ルドルフ」の話を思いつくのです。

**************

サンタの国に
生まれつき赤い鼻をもつ
他のトナカイとはちがう
「ルドルフ」というトナカイが
いました。

彼は皆からバカにされ
いつも悲しく泣いていました。

あるクリスマスイブの夜・・・

霧が大量に発生し、
視界が悪く、
このままでは世界中の子どもたちに
プレゼントを届けることが出来ません。

その時サンタは思いつくのです。

赤く光る鼻を持つ
ルドルフがいたら
プレゼントを待つ
世界中のこどもたちに
届けることができる。

その年のクリスマスの朝、
子どもたちの笑顔が
世界中に広がりました・・・

仕事を終えた
ルドルフも、もちろん笑顔でした・・・

**************

ロバートの娘も笑顔・・・

自分の病気のせいで
娘から笑顔を無くさせていた、
と思っていた母親も笑顔・・・

そのふたりの笑顔をみた
父ロバートも笑顔・・・

ロバートは妻の死後、
物語を絵本として完成させて、
1939年に絵本「赤鼻のトナカイ」出版します。
その絵本は600万部をセールスする
ベストセラーとなって・・・

その物語に感銘を受け
義理の弟ジョニーが書き下ろしたのが、
同名タイトルの
「赤鼻のトナカイ」だそうです・・・


今年も世界中で笑顔がみられますように・・・
20061215_260008.jpg
大阪の夜の町を
何の理由も意味もなく
ただブラブラ歩くだけ・・・
でも、何か新発見があるのでは・・・
と微かな希望を持ちながら
今夜もオッサンが旅に出る・・・


12月に入り、
各所でイルミネーションが
賑やかになってきましたね。

さて、今日は・・・
と思っていたら、
木津卸売市場にお勤めの
Iさんから
木津卸売市場もやっています、とコメントが・・・

それは行かねば・・・

ということで
今日は恵美須町からスタートです。
141202 (1)

通天閣もそそられますが
今日は行きません。

道を歩いていると
大きな看板が・・・
141202 (2)
ニコニコのりですか・・・
141202 (3)

イルミネーションが見えてきた・・・
141202 (4)

と思ったら木津卸売市場に到着。
141202 (5)

141202 (6)

141202 (7)

141202 (8)

141202 (10)

141202 (11)

141202 (12)

以前、娘たちを連れてきましたけど
それ以来ですね・・・
141202 (13)
木津の朝市をやっています。
マグロが驚き価格で購入出来るとか・・・
第土曜日と最終土曜日らしいのですが
なかなか行けないですね・・・

どこでイルミネーションを・・・

お、発見!
141202 (14)
マグロの尻尾が・・・(笑)

頭はどこに・・・
141202 (15)
お、またまた発見!!
141202 (16)

水にかかわる生き物が
光っていて楽しいですね。
141202 (18)

141202 (19)

141202 (21)

活いかセンターに
生シラス・・・
141202 (17)
美味しそうだなぁ・・・

今度家族か友人を
誘ってくることにしよう。
141202 (20)

木津卸売市場をあとに・・・
141202 (22)

141202 (23)

なんばParksに到着。
141202 (24)

ここは「なんば★光旅」という
イルミネーションのイベントをやっています。
141202 (26)

滝のような照明が・・・
141202 (25)

141202 (27)

141202 (28)

本会場となっています
パークス・ガーデンへ・・・
141202 (29)

141202 (30)

とても綺麗です。
141202 (31)

141202 (32)

141202 (33)

141202 (34)

141202 (35)

141202 (36)

141202 (37)

141202 (38)

141202 (39)

141202 (40)

141202 (41)

141202 (42)

141202 (43)

141202 (44)

141202 (45)

141202 (46)

141202 (47)

141202 (48)

141202 (49)

141202 (50)

141202 (51)

ここは以前、
南海ホークス(現ソフトバンク)
のホーム球場だった
「大阪球場」があって
その後、住宅展示場になって
パークスに・・・

大阪の景色も
年を重ねるごとに
変わっていきますね・・・

パークスを出てもイルミネーションが・・・
141202 (52)


今日はここまで。
141202 (53)

次はどこへ・・・

たーだーあてもなくー
たーだーあちこちー行ってるだけー
たーだー意味もなくー
今日もー写真とってるーだけー
あの角 曲がったら
おもろいーことー
あーるーかーなー・・・


(Good nightより)
幸福の黄色いハンカチが
今夜放映するとのこと・・・

高倉 健さんを偲んでの放映・・・

このお話し、
『幸せの黄色いリボン』という話を
英語の授業で習った時、
よく似た話だなと思ったのを
よく憶えています。

さて、
この映画は武田鉄矢さんの存在も
大きかったですね。

こんなエピソードが・・・

******************

この映画に出演依頼が来る直前、
武田鉄矢の妻は長女を身ごもっていた。
1976年当時の武田は
「母に捧げるバラード」の「一発屋」として
泣かず飛ばずの状態で、妻と一緒に飲み屋で
皿洗いなどのアルバイトで生計を立てていた。
アルバイトを終えて深夜の東京の街を妻と
歩いて帰宅する途中、
妻は

「今がどん底だから、もうこれから先は下はない。
 これから良いことがやってくるわよ。」

と言う。
その直後にこの映画出演の話が舞い込んだ。

******************

人生、
いつ転機が訪れるのか
本当に解らないものですね・・・

我慢を重ね
夫を信じ通した
奥さんの言葉が
心に沁みますね・・・

そしてこの映画のラストを飾る
黄色いハンカチ・・・

作中の待ち続けた女性と
武田鉄也さんの奥さんの言葉が
重なりあってますね・・・
640px-The_Yellow_Handkerchief_at_yubari.jpg
// ホーム // 次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。