キックベースやその他の出来事の日記です。
プロフィール

南市岡 前川

Author:南市岡 前川
マエブロへようこそ!
くだらない日記です。
我慢して読んで下さい。
私を表現する言葉
「風林火山」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

瞬間視力でドン

Flashリバーシ
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
フリーエリア
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪の夜の町を
何の理由も意味もなく
ただブラブラ歩くだけ・・・
でも、何か新発見があるのでは・・・
と微かな希望を持ちながら
今夜もオッサンが旅に出る・・・


かつ散歩も18回か・・・

大阪って
色んなところがあるもんだなと
改めて感じます。
すべて制覇するには
何年かかるかな・・・

さて、
ふとした思いつきで
千日前通を歩いてみようかと
思い、谷町線に・・・
九丁目で降りるところを
間違えて六丁目で降りてしまい・・・

まぁええか

駅から地上への階段の途中に
中華料理屋が・・・
DSC_5700.jpg
人通りが多いので良いですね。

長堀通から千日前通を歩くことに・・・

空堀商店街は以前行ったのでスルー。

お寺が多いですね。
DSC_5701.jpg
DSC_5705.jpg
お寺に何故かトーテムポール・・・
DSC_5702.jpg

少し歩くと
道路占用許可は大丈夫なのか、
という店が・・・
DSC_5706.jpg
DSC_5707.jpg

ドイツのお店。

当分の間増税前価格と・・・
ゲルマン魂を感じます。

千日前通に到着。
DSC_5708.jpg
ちょっと横道を逸れるか・・・
ハルカスが見えます。
DSC_5709.jpg

ここらはERO細胞の持ち主たちが行く
宿泊場が多いですね・・・
DSC_5710.jpg

生國魂神社に到着。
DSC_5711.jpg
DSC_5712.jpg

閉まってます・・・

******************
生國魂神社

生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)
は、大阪府大阪市天王寺区にある神社。
式内社で、旧社格は官幣大社。
難波大社(なにわのおおやしろ)
ともいう。地元では
生玉(いくたま)さんの通称で
親しまれている。
******************
近くにお墓が・・・
DSC_5713.jpg

さて、生玉公園に入り、
公園内の階段を降り・・・
DSC_5714.jpg
DSC_5715.jpg
DSC_5716.jpg

またハルカスが見えます。
DSC_5717.jpg

さて、少し南下すると
坂道が・・・
DSC_5718.jpg
DSC_5719.jpg
DSC_5720.jpg
DSC_5721.jpg
源聖寺坂です。
******************
源聖寺坂(げんしょうじざか)
は大阪府大阪市天王寺区にある坂。
天王寺七坂と呼ばれる坂の一つで、
坂の名は、坂の上り口北側に源聖寺が
あることに由来する
西側の上り口は下寺町の
松屋町筋に通じ、坂を上りきると
生國魂神社正門の少し南、
齢延寺と銀山寺の間を通る。
道筋は上町台地上で水平となり、
東は谷町筋・生玉南交差点の
一つ南の辻へと至る。
上り口から途中までは
石畳となっているが、
途中から階段状になり、
少し東南東に向きを変える。
かつて石段を上りきった場所に
昭和末期まで「源九郎稲荷」があった。
コンニャク好きの狸が祀られ、
天王寺区史に「こんにやくの八兵衛」
という祠があったことが記されている。
現在どこへ還座されたかは不明で、
生國魂神社に還座されたと
記した資料がある一方、
同名の末社とは無関係との記述もある。
******************
天王寺七坂・・・
制覇しようか・・・
DSC_5722.jpg

さて、西へ・・・

黒門市場が見えます。
DSC_5723.jpg
DSC_5724.jpg
DSC_5725.jpg
また来たのかと
釈◎子さんも睨んでます(笑)

以前来たオープンコインランドリーの
となりは銭湯。
DSC_5726.jpg

洗濯機をまわしている間に
風呂に入って・・・

ホステスさん、下着ドロ要注意です・・・

この周辺は以前書いたので
一気にJR難波駅周辺へ・・・
DSC_5727.jpg
DSC_5728.jpg

JR難波駅です。
DSC_5729.jpg
DSC_5730.jpg

******************
JR難波駅

1889年から1994年までは
湊町駅(みなとまちえき)
と称しており、
道頓堀川八丁のひとつである
道頓堀湊町
(駅開業時は大阪市南区湊町)
に開業したことによる。
1989年の移転によって
道頓堀川に面する江戸期以来の
湊町から離れ、難波のみに
位置するようになった
(1980年実施の住居表示により
湊町となっているが、
旧町名の東円手町はもと難波村)。
また、地下駅化して難波駅や
大阪難波駅(当時は近鉄難波駅)
と連絡する計画もあったため、
1994年の関西国際空港開港を
機にJR難波駅に改称された。

駅名に「JR」を冠したのは
JRグループ各社を通して初めてで、
正式駅名にラテン文字が入ったのも
日本国内では初めてである。
eki-014.jpg

******************
湊町駅の時、
同級生が居眠りで
軽トラックごと
改札に突っ込んだらしいのですが・・・

OCATの中です。
DSC_5731.jpg
DSC_5732.jpg
DSC_5733.jpg
DSC_5734.jpg
野菜の直売をやってますね。
DSC_5737.jpg

外に出ると
元ボクシング世界チャンピオンの
井岡選手のジムが・・・
DSC_5735.jpg

そのそばに定食屋・・・
DSC_5736.jpg

少し南下すると
公園が・・・
DSC_5490.jpg
儀式をやらかしそうな場所ですね(笑)

バー、ポロリ・・・
DSC_5489.jpg
お姉ちゃんがポロリ・・・

あかん、ERO細胞が・・・

うらめし屋が・・・
DSC_5491.jpg
最近の子供には通用しないですけどね。

再び北上すると
奉行所が・・・
DSC_5492.jpg
DSC_5496.jpg
「念佛宗三寶山無量壽寺 大阪別院」

何なのかよく解らない・・・

DSC_5494.jpg
この辺は昔
西円手町とよばれていたそうで・・・
DSC_5738.jpg


ゴルフ研究所。
DSC_5497.jpg
ERO細胞の研究を・・・

アポロビル・・・
DSC_5498.jpg
DSC_5499.jpg
ここもERO細胞の研究が・・・

さて、
南海汐見橋駅に到着。
DSC_5501.jpg
DSC_5502.jpg
DSC_5503.jpg
DSC_5504.jpg
DSC_5505.jpg
DSC_5506.jpg
DSC_5507.jpg
DSC_5508.jpg
DSC_5509.jpg

******************
汐見橋駅

高野線の起点駅となっており、
頭端式(島式)1面2線のホームを
持つ地上駅である。
ホームは2番線まであるが、
大半の列車は1番線に発着する。
かつては貨物専用ヤードも併設していた。
駅舎はホームの北端に接している。
自動改札機はあるが、
自動精算機はないため、
精算が必要な時は駅員に
申し出なければならない。
トイレは改札内にあり、
男女共用の水洗式便器が設置されている。
1993年(平成5年)4月18日から
1995年(平成7年)8月24日までは、
岸里玉出駅の高野線側の
高架化工事により、
レールがどの路線とも接続していなかった。
そのため、ほとんど使用される
ことのない2番ホームに当時すでに
廃線になった天王寺支線の
天王寺駅にあった検修用の設備を
そのまま移転させて
使用の上検修用の車庫とし、
さらにフェンスで覆って乗客が
全景を眺められないようにして
あったが、改札口付近に立てば
その検修用車庫に停まっている
車両を眺めることができた。

******************

ここはレトロ感満載ですね。
なにか旅に出たくなりますね・・・

今日もよく歩いたな・・・
140501tanimati.jpg
さて、次はどこへ・・・

「きのう歩いたおっさんが~ 
 きょうは仕事で汗を流し
  あしたを目指して立ちあがる~

 たて~たて~たつんだ~かつ~」
(丹下段平のテーマ曲より)
スポンサーサイト
<< かつ散歩-19 曽根崎編 // ホーム // かつ散歩 特別編 南市岡3丁目を歩いて >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://maekawa.blog21.fc2.com/tb.php/652-75a270dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。