キックベースやその他の出来事の日記です。
プロフィール

南市岡 前川

Author:南市岡 前川
マエブロへようこそ!
くだらない日記です。
我慢して読んで下さい。
私を表現する言葉
「風林火山」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

瞬間視力でドン

Flashリバーシ
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
フリーエリア
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪の夜の町を
何の理由も意味もなく
ただブラブラ歩くだけ・・・
でも、何か新発見があるのでは・・・
と微かな希望を持ちながら
今夜もオッサンが旅に出る・・・

かつ散歩も20回目・・・
早いものですね。

今日は義父のはちみつを
売って下さっている
鶴橋のはちみつショップを
覗きに行こうかと・・・

鶴橋駅周辺です。
DSC_6183.jpg

商店街に入ると
キムチやチヂミの店が多いです。
DSC_6184.jpg
DSC_6185.jpg
DSC_6186.jpg
DSC_6187.jpg
DSC_6188.jpg
DSC_6190.jpg
DSC_6191.jpg
もう遅いので閉まってますね・・・

はちみつ屋到着・・・
DSC_6192.jpg
閉店・・・

仕方ない・・・
また後日・・・
DSC_6193.jpg
とりあえず西へ・・・

焼肉通りです。
DSC_6194.jpg
あぁ・・・ええ匂いが・・・

玉造筋を南下すると
焼き肉屋の「吉田」が・・・
DSC_6195.jpg
ここの焼肉が大好きで
よく行ってましたよ・・・
DSC_6197.jpg

イズミヤで右折して再び西へ・・・

少し歩くとお地蔵さんが・・・
DSC_6198.jpg
DSC_6203.jpg
DSC_6202.jpg
北向き地蔵と書かれていますね・・・

梅田の北向き地蔵さんもそうですが
北向きは珍しいそうですね。
なにやら縁起がいいと・・・

うちの町内のお地蔵さんも
北向きだったんですが、
移転してから方向が変わりました・・・

裏に何か貼ってあるな・・・
DSC_6199.jpg
なに何・・・
細工谷遺跡か・・・

ここ細工谷から
重要な遺跡が発掘されたそうです。

******************
細工谷遺跡

この遺跡は、天王寺区細工谷1丁目において
1996年に発見された。
全国初の発見となった和同開珎の枝銭や、
今まで知られていなかった「百済尼寺」
の存在を示す多数の墨書土器や
瓦が出土した。
また、金属加工に関連した遺物や富本銭、
尼の父の名前を記した木簡 など、
飛鳥時代(7世紀)~
奈良時代(8世紀)を中心とする
数々の資料が見つかっている。

大阪文化財研究所HPより
******************

なるほど・・・

少し歩くと
大阪では有名な建物が・・・
DSC_6204.jpg
「ドン.キホーテ」

ではなく

清風中学校・高等学校。
DSC_6206.jpg
******************
清風中学校・高等学校は、
大阪府大阪市天王寺区石ヶ辻町
にある私立の男子校である。
学校法人清風学園が運営する。
清風南海中学校・高等学校は姉妹校。

高野山真言宗の宗門関連校であり、
仏教を中心とした宗教教育を
実践している。

創立者は平岡宕峯。
1932年に大阪電気学校の校長に
創立者が赴任。1937年に開設された、
大阪電気学校堺分校
(浅香山電気工業学校)が
直接の前身である。
1949年に当時の
大阪府知事赤間文三により、
幕末の長州藩の
藩政改革者村田清風にちなんで
「清風」と名づけられた。
創設者の平岡宕峯は当時名だたる
企業改革の仕掛け人であったため、
村田清風の名前を頂いた。

現在、子の平岡英信が理事長。
孫の平岡宏一が
校長・専務理事をしており、
創業者一族による同族経営である。
******************

出身者が
体操の池谷選手、西川選手、具志堅選手、
意外なところでは
タレントの今田耕司さん
その他大勢の有名人たちが・・・
DSC_6205.jpg
将来こうなるそうです。

上本町の近鉄が見えます。
DSC_6207.jpg

今では珍しい
乾電池の自動販売機。
DSC_6208.jpg
乾電池、使う事が少なくなりましたね・・・

谷町筋に出ました。
DSC_6209.jpg
ラブホと寺院のコラボ・・・

お寺や墓地が多いですね。
DSC_6210.jpg
DSC_6213.jpg
DSC_6214.jpg

天王寺区民センターです。
DSC_6217.jpg
ECCのイベントで来た事があります。

ハルカスが見えますね・・・
DSC_6216.jpg
DSC_6211.jpg

学園坂を下ります。
DSC_6219.jpg

この学園坂、
天王寺七坂に学園坂を加えた
天王寺八坂・・・とも
呼ばれているそうですが・・・
大阪夕陽丘学園短期大学が坂の途中に
あるので学園坂・・・

自転車専用道路が設けられており、
サイクリングも楽しいかも・・・
DSC_6220.jpg
DSC_6221.jpg
DSC_6222.jpg
DSC_6224.jpg
DSC_6225.jpg

松屋町筋に出ました。
DSC_6226.jpg
DSC_6227.jpg
DSC_6228.jpg
DSC_6229.jpg

ついでだから
「天王寺七坂」のひとつ
口縄坂に行ってみるか・・・
DSC_6244.jpg

******************
口縄坂(くちなわざか)は、
大阪市天王寺区にある坂。
「天王寺七坂」のひとつ。
「大阪みどりの百選」に選定されている。

天王寺区下寺町2丁目から
夕陽丘町にかけて東西にのびている坂で、
東側(夕陽丘町)の標高が高くなっており、
途中は石畳の階段になっている。
前後の道はそのまま西側は
松屋町筋、東側は谷町筋
(地下鉄四天王寺前夕陽ヶ丘駅付近)
につながっている。

周囲は小さな仏教寺院が
多数ひしめいている。
坂を登りきった場所の北側にある
梅旧院には松尾芭蕉の供養塔がある。
南側に織田作之助の文学碑があり、
彼の著書である
『木の都』の一節が刻まれている。
また、織田作之助が七坂の内、
一番愛した坂でもある。

「口縄」とは大阪の古い言葉で
「蛇」のことであり、
坂の下から道を眺めると、
起伏が蛇に似ていることから
そう呼ばれるようになったとされている。
******************
DSC_6230.jpg
DSC_6231.jpg
DSC_6233.jpg
DSC_6235.jpg
DSC_6236.jpg
DSC_6237.jpg
DSC_6238.jpg
DSC_6239.jpg
DSC_6240.jpg
DSC_6241.jpg
DSC_6242.jpg
昼間は風情があるのでしょうけど
夜はオバケ屋敷風・・・
DSC_6245.jpg

堺筋を目指して
西へ・・・

ジャンク屋通りですね。
DSC_6246.jpg
DSC_6247.jpg
DSC_6248.jpg

電子パーツ好きにはたまらない
場所ですね。

抵抗やトランジスタなんか見たら
嬉しくなりますね(笑)
DSC_6249.jpg
DSC_6250.jpg
DSC_5487.jpg

今日はここまで。
140508turuhasi.jpg

さて、次はどこへ・・・

「きのう歩いたおっさんが~ 
 きょうは仕事で汗を流し
  あしたを目指して立ちあがる~

 たて~たて~たつんだ~かつ~」

(丹下段平のテーマ曲より)
スポンサーサイト
<< かつ散歩-21 真言坂から道頓堀編 // ホーム // かつ散歩-19 曽根崎編 >>
初めてコメントします。

大阪すげー!
いってみたくなりますよ
写真もせんすありますよね
[2014/05/08 Thu] URL // 野菜の人 #- [ 編集 ]
ありがとうございます。
野菜の人さん、
コメントありがとうございます。
写真はスマホのカメラ機能のおかげかと・・・
是非大阪へ来て下さいね。
[2014/05/09 Fri] URL // マエブロ #mQop/nM. [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://maekawa.blog21.fc2.com/tb.php/654-9a19819a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。