キックベースやその他の出来事の日記です。
プロフィール

南市岡 前川

Author:南市岡 前川
マエブロへようこそ!
くだらない日記です。
我慢して読んで下さい。
私を表現する言葉
「風林火山」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

瞬間視力でドン

Flashリバーシ
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
フリーエリア
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪の夜の町を
何の理由も意味もなく
ただブラブラ歩くだけ・・・
でも、何か新発見があるのでは・・・
と微かな希望を持ちながら
今夜もオッサンが旅に出る・・・


かつ散歩も次回で30回を迎えるのですが
大阪名物のあの人に会っていないことに
気がつきました・・・

まぁ、
会ってどうなるって訳ではないんですが。

ここから人が多くなるんですよね・・・
DSC_7072.jpg

H&Mもできて
相変わらず人が多いですね・・・
DSC_7074.jpg

老舗の楽器屋です。
DSC_7073.jpg

ここらへんは
以前は「大丸」「そごう」と百貨店が
2つ並んでいたのですが
今は大丸のみ・・・

そういえば、30年前
大丸の専務だったヨネヤン、
元気にされているんだろうか・・・
ボクシングをやっていた・・・
という事しか憶えていないのですが・・・

大丸百貨店の
ユナイテッドアローズの写真は
撮っても面白くないのでスルー・・・

宇治園の顔の大きい女の人、
2階で寂しそうにしてますね・・・
DSC_7075.jpg

ここも古い寿司屋ですね。
DSC_7076.jpg

お、
大丸のディスプレイに江戸切子が!!
DSC_7077.jpg
欲しいなぁ・・・

ここでアルバイトやっていた頃が
懐かしいなぁ・・・
DSC_7078.jpg

ネコとネズミのショップ、
DSC_7079.jpg
DSC_7080.jpg

人気ありますね。

好きな人は好きなんですね、この衣装。
DSC_7081.jpg

おじさんクレープ?
DSC_7082.jpg
並ばなければ(笑)

おい、そこは車で入ってきたらアカンよ。
DSC_7084.jpg

楽しそうやなぁ・・・
DSC_7085.jpg

さて、来ました
ひっかけ橋に・・・
DSC_7086.jpg
DSC_7087.jpg
早速若い女の子が声をかけてきましたよ。
「お兄さん、ガールズバーは・・・」

オッサン、と言われなかった事は
嬉しかったけど(笑)
次々何人も来て
なんだかな・・・
DSC_7088.jpg
文化祭の劇で
陸上部のM君にあれをしてもらった時は
うけましたね(笑)
DSC_7090.jpg
DSC_7091.jpg

さて、太郎君に会いに・・・

6月22日はカニの日・・・
DSC_7093.jpg
DSC_7094.jpg

大阪のかに料理店「かに道楽」が
1999年に制定。
星占いのかに座の初日であることと、
50音表で「か」が6番目、
「に」が22番目であることから。
食事券等のプレゼントが行われる・・・

そうなんですか・・・
DSC_7099.jpg

まぁ、見ているだけでおもしろい
立体広告の数々・・・
DSC_7097.jpg
DSC_7098.jpg
DSC_7100.jpg
DSC_7101.jpg
DSC_7104.jpg
DSC_7111.jpg
DSC_7112.jpg

さて、太郎と面会。
DSC_7105.jpg

太郎とは
以前あった「くいだおれ」の
キャラクター、いや、
家族の一員です。
DSC_7103.jpg
******************
【くいだおれについて】

「くいだおれ」とは、
「飲食に金をかけて貧乏になること」
であり、「京都のきだおれ(着倒れ)、
神戸のはきだおれ(履き倒れ)」など
と言われる事である。
大阪市中央区道頓堀に1949年6月、
山田六郎が創業・開店した。
屋号は「京の着倒れ、江戸の飲み倒れ」
という、「京都の人間は着物道楽が
過ぎて、江戸の人間は良い酒を飲み過ぎ
て財産を失う」との意味の、
江戸時代からの地域性を表した慣用句
に基づいて作り上げた言葉。

焼け野原となった大阪で「戦後復興期」
に寄与することを目指し食堂として創業。
創業者・山田六郎の意向から家族経営で
支店などは存在せず、
遺言にも「支店を出すな」
「家族で経営せよ」
「看板人形を大切にせよ」と
記されている。

流行を取り入れ、
1953年の街頭テレビが関東一円に設置
される前年(1952年)に、米国製テレビ
受像機を購入して店内に設置するなど
している。NHKのテレビ本放送開始は
1953年2月1日で当時は試験放送が日に
数時間程度あっただけだったという。
この当時、大阪市内のテレビ受像機
総数は50台程度で、価格もサラリーマン
平均年収数年分に相当した。
1959年にはくいだおれビルを建造、
この際にもいち早くビル内すべてを
空調設備完備とするなど環境設備を
自慢とした。
1階が総合食堂、2階が居酒屋、
3階が日本料理店、
4~8階が割烹お座敷があり、
食材も集まる流通拠点・商業都市
としての大阪のもう一つの顔でもある、
全国各地の名産品が入ることから
飲食店が発達している
「食い倒れの町」としての側面を
体現している。
2007年7月20日に『くいだおれ』
の裏手に『ウラ・くいだおれ』
をオープンさせた。
本家『くいだおれ』とは違い、
西洋料理店で、50坪70席だった。
本家『くいだおれ』の閉店に伴い、
2008年4月26日に閉店。
『くいだおれ太郎』の従兄弟
『くいだおれ楽太郎』がいた。

【閉店のエピソード】
2008年4月8日、建物の老朽化や
周辺環境の変化などを理由に
同年7月8日をもって閉店すると
報道各社に伝え、翌9日、
経営陣が記者会見を開いた。
尚、営業最終日である2008年7月8日
は18時までの営業となり、
5階から8階は関西の芸能人、
文化人ら著名人を招待しての
「最後の晩餐」を催した。
閉店当日、くいだおれ太郎は
「永いことありがとう。
おおきに 太郎」という
言葉を残し、弟の「次郎」と共に
店頭に立った。午後9時前に女将が
「大阪名物くいだおれは日本一
幸せな店でございました」と
言葉を残し午後9時、店の約59年の
歴史に幕を閉じた。
なお、産経新聞は、くいだおれ閉店
当日に大阪市内の一部で閉店を
報道する号外を発行した。
不動産は傍系のくいだおれ不動産が
保有しているが、
跡地利用方法は未確定。
法人としてのくいだおれは、
飲食業の廃業後は
マスコットキャラクターの
マネージメント業に業態を変えている。

【その他のエピソード】

1959年のくいだおれビル建設の際には
「店頭の人形は撤去すること」
が銀行側からの融資条件に含められて
しまった。
この当時はまだ「くいだおれの看板」
としての知名度は低く、高度経済成長期
に入り街が近代化して行く中で、
融資元の目には「時代錯誤で街の
イメージに添わない騒音を出す人形」
としか映らなかった模様である。
山田はどうしても太郎を外したく
なかったため、同ビルは銀行融資無しで
建設されたという。


1985年10月16日、
阪神タイガースのセ・リーグ優勝が
決まった事に興奮した阪神タイガース
ファンの群衆が、大阪市道頓堀に在る
大阪名物くいだおれの店頭に
展示されている 
くいだおれ太郎を担ごうと狙ったが、
当時の営業部長であった岡田則一が
一人で体を張って死守した
(代わりにケンタッキー
フライドチキン道頓堀店の
カーネル・サンダース像が橋のうえ
から道頓堀川に投げ込まれた)。

1989年に昭和天皇が崩御(死去)すると、
太郎の衣装を通常の紅白のものから
白黒のものに変更した。

1990年には「バンザイ人形」と
呼ばれる太郎の別バージョンが登場し、
同年11月の今上天皇の即位の御大典を
祝福した。この「バンザイ人形」は
後に太郎の弟「次郎」と名づけられ、
国民の慶事や大阪関係の発展に関する
ニュースの際に店頭に登場し、
バンザイしていた。

1992年に阪神タイガース優勝の可能性が
いよいよ目前まで高まると、
何処となく当時の阪神のスター選手
亀山努に似た太郎が、前回の優勝時に
熱狂した阪神ファンらにより道頓堀に
投げ込まれたカーネルサンダース像の
代わりとして狙われ、
道頓堀に投じられるのではという声が
マスコミで報道され始めた。
そのため、「わて、泳げまへんねん」
と書かれたふきだし風の看板が添えられ、
浮き輪に水中眼鏡という
特別コスチュームに変更された
(なお、1992年の阪神の順位は3位に終わった)。


顔のモデルは喜劇役者の杉狂児と言われる。

******************

大阪の近代歴史、ここにありですね。

山田社長の思いが太郎から伝わって
来ますね・・・

それにしても
1部の阪神ファン(私もですが)
やっていい事と悪い事があります。
大阪のこうした想いを
川に投げ込むなんて・・・
もう少し考えて行動しましょう。
ファンの恥さらしですよ・・・

今はグッズの店に・・・
DSC_7106.jpg
DSC_7108.jpg
DSC_7107.jpg

おや、
初めて見る顔が・・・
DSC_7109.jpg
道頓堀のおタヌキ様・・・

******************
伝承によると、
江戸時代、芝居好きのタヌキ
「柴右衛門」が人間の姿に化けて中座
に通ったが、正体がばれて殺された。
その後、中座の客がめっきり減ったため、
タヌキをまつると、
活況が戻ったとされる。
以降、片岡仁左衛門や藤山寛美など
旧中座に出演した役者らが
「化ける神様」
「人気の神様」として参拝の対象にした。
******************
そんなことがあったとは・・・

ハモ丼食べたいな・・・
DSC_7110.jpg

DSC_7113.jpg

さて、千日前通に来ました。
DSC_7114.jpg
DSC_7115.jpg
おもろナーレ!

ここも賑やかですね。
DSC_7116.jpg

見憶えのある像が・・・
DSC_7117.jpg
DSC_7118.jpg
屋根瓦持っているように見えるけど・・・
DSC_7119.jpg

大阪の名物カレー
自由軒の本店です。
DSC_7120.jpg
DSC_7122.jpg
デビ夫人・・・かと思ったら
女将さんですね・・・
DSC_7121.jpg

赤垣屋・・・
DSC_7124.jpg

良く行きましたね・・・
ここの社長の息子さんと
アルバイトを一緒にやってました。
元気にされているんだろうか・・・

また金龍ラーメンか・・・
DSC_7125.jpg

とらやです。
DSC_7126.jpg
阪神タイガースのショップ・・・
ではなく
生地を売っています。
裁縫とかあったら
安くていいですよ。

551がある時が幸せですね(笑)
DSC_7127.jpg
夕方からの東京行きの新幹線は
ここの紙袋が多いですね・・・

日本一だそうですが・・・
DSC_7128.jpg

高島屋を眺めつつ・・・
DSC_7131.jpg

歌舞伎座ですね。
DSC_7129.jpg

上本町に移転しましたが・・・
******************
大阪新歌舞伎座(おおさかしんかぶきざ)

大阪市南区(後の中央区)
難波に1958年(昭和33年)10月開場、
2009年(平成21年)6月閉館。現劇場は
2010年(平成22年)9月に、
上本町YUFURAに移転再開場した。

この劇場は「新歌舞伎座」という
名称であるにも関わらず、滅多に
歌舞伎を上演しなかった
(1995年2月の「二月大歌舞伎 市川猿之助
特別公演」を最後に、初代劇場では
1ヶ月単位の歌舞伎公演は行なわれ
なかった)が、
その原因はこの劇場の創設当時の
事情が関係している。

1954年(昭和29年)、
松尾國三は大谷竹次郎に請われて
千土地興行の経営を引き受けたが、
その同じ年から大阪歌舞伎座を本拠
としていた関西歌舞伎はいわゆる
「役もめ」から内部崩壊を開始し、
観客動員も急速に低下、
もはや「3000人劇場」の維持は無理
と判断した松尾は「歌舞伎座の
縮小・移転、歌舞伎座ビルの有効利用」
の方向を決めた。1958年(昭和33年)
4月の新国劇公演を最後に
大阪歌舞伎座を閉鎖、
歌舞伎座ビル内部を改造して12月
に商業ビル「千日デパート」として
開業した。一方、御堂筋西側の
「なんば大映」跡地に建設されて
いた新劇場は「大阪新歌舞伎座」
と命名されて10月31日に開場した
(当時の収容人員は1835名)。
こけら落とし興行には
尾上菊五郎劇団を迎え、
関西からは市川壽海・
中村富十郎(4世)のみの参加
にとどめ、関西歌舞伎の本拠には
しない事を当初から明示していた。

松尾は「歌舞伎座」の名の手前、
開場の翌1959年(昭和34年)のみ
は年6回の歌舞伎興行を行ったが、
1960年(昭和35年)以降は歌舞伎
・新国劇・新派をしだいに取り
止め、より収益のあがる新しい
興行形態の開拓に積極的に
乗り出した。千土地が経営して
いた大阪劇場(大劇)の興行を
ヒントにして、人気のある映画
スターや歌手を中心に据えた
「座長芝居」「歌手芝居」を
月替わりで公演する方式を編み
出し、大成功を収めた。
東京・大阪・名古屋のほとんど
の商業劇場がこれに追随したから、
松尾は現代の商業劇場の興行形態
の創始者の栄光を担っていると
いえよう。

杉良太郎が座長公演を、
1974年(昭和49年)から2005年
(平成17年)にかけ50回に渡り
興行したことは著名である。
2009年(平成21年)6月に最終
興行となり、杉良太郎・
山田純大親子での舞台公演
「拝領妻始末」と、最終3日間は
五木ひろし・コロッケなどの
歌謡ショーで締め括った。

2012年にはDOCOMOMO
JAPAN選定 日本におけるモダン
・ムーブメントの建築に選ばれた。

跡地は2012年3月に冠婚葬祭大手
のベルコが買収しており、
結婚式場とホテルなどの複合施設
の建設を計画しているとのことだが、
2014年(平成26年)2月現在、
建物は工事用のフェンスに覆われた
状態でそのまま残っている。
******************
DSC_7133.jpg
DSC_7134.jpg
ここ、歌舞伎座周辺は
もうひとつ顔がありまして・・・

「頭隠さず尻隠せ」

が合言葉・・・

歩いていると
店から出てきました・・・

大女・・・いや、大男が・・・

細い通りに
「同想会」という看板が・・・
DSC_7135.jpg
うーん・・・
かなりやばい店では・・・

いやいや、
芦川淳平と浪曲ファンの交流の店だそうです。

スナック同想会
http://orange.zero.jp/junpei/CCP015.html
DSC_7136.jpg
DSC_7137.jpg
DSC_7138.jpg
今は姿を変えて
オシャレなBARなんかもありますので
安心して歩いて下さいね。
もし、
どうしても心配なら
鍵付のパンツを履いて下さい(笑)

今日はここまで。
140527002tarou.jpg
さて、次はどこへ・・・

「ありのままの写真撮るのよ~
  ありのままの記事を書くの~
   何も怖くない~
    風よ吹け~
    明日どこへいこうか」

  
(アナと雪の女王より)

スポンサーサイト
<< くいだおれ太郎と会って // ホーム // かつ散歩-28 堺筋から長堀通りへ編 >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://maekawa.blog21.fc2.com/tb.php/667-02d1a806
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。