キックベースやその他の出来事の日記です。
プロフィール

南市岡 前川

Author:南市岡 前川
マエブロへようこそ!
くだらない日記です。
我慢して読んで下さい。
私を表現する言葉
「風林火山」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

瞬間視力でドン

Flashリバーシ
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
フリーエリア
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画ってホントに良いもんですね、
ってフレーズ、懐かしいですね。

映画って
2時間の中に
起承転結が織り込まれ・・・

映画評のブログをよく見かけます。

面白そうなので
真似してやってみよう(笑)
(コピペはしてませんので)

『私の印象に残る映画ベスト10』
(2014.7.4時点)

10位
ハンニバルシリーズ
20140704eiga10.jpg

駆け出しの女FBI捜査官の活躍から始まった
このシリーズ、
1作目のハンニバルが逃亡するシーン、
2作目のハンニバルのラストディナーが
衝撃でしたね・・・

ストーリーとしては
「羊たちの沈黙」が一番かな・・・


9位
プレデターシリーズ
20140704eiga09.jpg

学生時代、借りていたアパートにつけた
サラウンドスピーカー(近所迷惑だった)
で最初に観たのが
1作目。
あちこち飛び交う銃の音が
迫力があって楽しかった・・・
このシリーズも
1作目が一番面白い気がしました・・・


8位
スターウォーズシリーズ
20140704eiga08.jpg

小学生の頃、
SF超大作が映画館で上映される・・・
ということで
観に連れて行ってもらいましたよ・・・

当時にしたら
どうやって撮影しているのだろう・・・
と不思議に思ったものです。

映画上映中、
瓶に入ったコーラの栓の
裏側にスターウォーズの写真が・・・

コーラやファンタを飲みまくった思い出が・・・


7位
インディー・ジョーンズシリーズ
20140704eiga07.jpg

考古学者でありながら
鞭を片手に
ナチスドイツ軍と
ドタバタ劇を繰り広げるという・・・
宝探しは大好きなので

2作目の宮殿での食事が印象に残ってますね。


6位
アンドリューNDR114
20140704eiga06.jpg

色々考えさせられた・・・


体は機械でも
心は人間的なアンドリュー。

ひとりの女性を愛し、
機械故に恋に破れ
そして愛した女性と同じ遺伝子を持った
女性に再び恋をし、
そして人として
認められた瞬間に
愛する人と共に永遠の眠りに・・・

人間的って何?

人の家族の幸せを奪うことも
人間的って言うのだろうか・・・


5位
グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち
20140704eiga05.jpg

自分の良いところを見つけてくれる
人と出会えることが
人生最高の幸せなのだろう・・・

そう思わせてくれる映画でした。

ラストの親友の心意気が最高でしたね。

4位
キャスト・アウェイ
20140704eiga04.jpg

危機的状況に陥ったとき、
人ってどんな行動をとるのだろう・・・
主人公は強く生き、
可能性を信じて家に帰ることが出来た。
諦めない気持ち、
忘れてはいけないですね・・・


3位
きみに読む物語
20140704eiga03.jpg

出会いがあり、
恋結ばれしも
周囲の反対で
別れることになり
もう会えないのか・・・

ところがどっこい、
どこかで糸が繋がっていて
再びエンジンが動き出し
恋の列車は走りだし・・・

ラストは心打たれましたね・・・


2位
マグノリアの花たち
20140704eiga02.jpg

どこにでもある町の
どこにでもいる家族たちの
お話なんですが、
どこにでもある家族にも
人には言えぬ悩みを抱えていたりして・・・

人は表向きな姿でしか
その人や物を判断出来ないのは
致しかたなし・・・

でも、
中には本質まで見抜く
特別な人がいたりして・・・

そんな稀な人と出会えることって
素敵な事なんだな、
と思わせてくれる作品です。

世界中の誰もが
人の気持ちを思いやれる心を持っていれば
争いなんておきないのかな・・・

1位
スタンド・バイ・ミー
20140704eiga01.jpg

友達との冒険ってワクワクしましたよね。
小学1年の時、
友人らと高校に侵入・・・
教師に見つかり
ひとりが捕まる・・・

皆逃げよう、とした時

「お前たち!友達を見捨てるのか!!」

その一言は今も忘れませんね・・・

皆で謝り人質は解放された訳ですが・・・

「お前たち、どこの小学校や?」

「○○小学校です・・・」

となり町の小学校を告げたわけですが・・・

子どもの頃って
大人たちは良いアドバイスを
言ってくれていると思います。
でもそれを
どう受け取るかが問題なわけで・・・

この映画も
子どもの心の叫びを訴えるシーンがありました。
大人がそれをやったらあかんやろ・・・
理解してくれる友人がいたから
彼の心は救われて
立派な大人へと成長したんですが
正義感ゆえに災難に見舞われ・・・

:::::::::::::::::::

2時間で綴られる物語。

そこには作者の想いが
ところどころに込められていて
人によって受け止め方が違いますね。

それは人それぞれの考えがあっての事。
何が正解か不正解かは自由。


映画ってホントに良いもんですね、
では皆さん、
さよなら、さよなら、さよなら・・・
スポンサーサイト
<< ネット通販 // ホーム // バターサンドが食べたい・・・ >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://maekawa.blog21.fc2.com/tb.php/687-df22f8d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。